スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

about.meとBASEで作ってみた!占星術家masako紹介ページ



文章を作るのに時間がかかってしまっただけで、
デザインはほとんど手数をかけてません。

ま、ま。ちょろっとご覧になってみてくだしゃんせ。

http://about.me/masakoito

スポンサーサイト

masako と 528


師匠に名前読みをして頂いて、
占星術家としての名前をmasakoとしました。

そのまんまやん、て感じですが、
いやいや、聞いてください。
このmasako、数秘術で数字に変換していくと
528→15→6となるそうです。
数秘術での変換法則をこちらのサイト→ http://www.unmeinosekai.com/numerology/
自分でも確認して変換してみました。確かに。

528。
壊れたDNAを修復すると言われている
ソルフェジオ周波数の528Hzと同じ数字。
占星術家宣言日のチャートに引き続き、鳥肌立ちました。
(ソルフェジオ周波数についてはこちら→NEVERまとめ

1037191_dna_fingerprint_3.jpg


最後に出てきた6は、師匠曰く「他の人をサポート」とのこと。
先ほどの参考サイトでも
「バランス。育てる。奉仕。責任と義務。家族の力。結婚と別れの数。家庭と仕事の問題。」
とあります。

私の占星術チャート(出生図)は、
7ハウス(他者)に惑星が集まっているので、
サポート、奉仕、バランス、育てるあたりはしっくりきますね。

「奉仕の過程でDNAレベルの癒しあり」と言えるほどに
自分の働きの質を高めていきたいと思いました。

いやいや、何を大それたことを、とお思いの方もいらっしゃるでしょうし、
私もそう思った瞬間は、いやー、無理でしょ(笑)なんて一度否定してしまいましたが。

ちゃんと調べてみると、案外いけちゃうんじゃない?と考え直しました。

DNA損傷の原因は、
・過剰に発生した活性酸素による攻撃
・紫外線、波長の短い電磁波(電子レンジとか^^;)、タバコの煙などの環境の影響
に大きく分かれるようです。

活性酸素はストレスでも体内にドッと増えます。
占星術では、ストレスを軽減する、充足感を得られる生き方をお伝えしていくことができるので、
ストレスを減らすことができれば、そもそも体内に備わっているDNA修復能力を
サポートすることにつながるのでは、と。


「奉仕の過程でDNAレベルの癒しあり」
座右の銘行き、決定です。イヒ。

鳥肌モノ☆占星術家宣言日のチャート



1年ほど受け続けていた、占星術講座が今日から応用編に入り。
その一発目として、私が占星術家宣言をした先週6/29 AM4:00のチャートが
題材となりました。

1204250_magic_book.jpg

この日はトランジットの太陽が
私の出生図の2ハウスど真ん中を通過する日
=新しい仕事を始めるとお金回りがよくなる日
だと知っていたので、もともと狙ってはいたのですが、
師匠のマーリさんには、
宣言日単体のチャート(その日に生まれた人として見立てて出した出生図)でも
お金回りを意識する、つまり太陽が2ハウスにくるようにするなら
明け方にするとさらによさそう、と聞いていました。

明け方と言われて、ピンときたのは4:00。
論理的な理由はありません。直感でした。
なんとなくそのあたりで太陽が2ハウスにきそう、とは思ってはいたものの
まあズレたとしても、何か意味があるんだろうと思うようにしてました。

師匠がちゃんとソフトから出力してくださるチャートは、
自分がいつも使っている、ネット上で出せるフリーのものとは別のもので
私は自分自身のことを見るときは師匠のものを主にしているので、
宣言日時点では、自分ではどうなるのか確認できなかったんですね。

で、今日師匠に宣言日のチャートを出して頂いたら。
2ハウスからはずれていたのですが、そのおかげでなんと。

太陽、土星、海王星で水のグランドトラインを作っているではありませんか。
しかも海王星は魚座10ハウス、MC(社会的使命)のすぐそば。
太陽には木星もかかっている。MCと土星には7ハウスの冥王星も影響している。

これらを解説すると。

海王星=スピリチュアルな分野で
土星=落とし込む、形にすることができ、
冥王星=人の深い悩みに関係しながら
太陽+木星=社会的に成功しやすい。

つまり、占星術で成功する感じがものすごく出ているとのこと。
しかもお金回りの良さも別の角度からちゃんと出ていて。


鳥肌が立ちました。
自分の直感を、手放しで褒めたい!

宣言☆占星術家になりました!


今日から、占星術家として活動していきます!

一部の方にとっては、もうやってるじゃんね?といった感じですが(笑)
自分が正式に「なったど!」と宣言した場を持つことに意味があると思ってまして。

占星術家としての名前は、現在師匠に姓名判断で依頼中、
サービス紹介ページもまだ作成中、
という準備不足感丸出しですが、それもご愛嬌ということで許してください。てへ。

ちなみに、サービス紹介ページは今のところ
こんな感じで進めてます。
オープンしたらまたご案内いたしますね。
(サービス名・価格はまだ仮おきのものです。)


無題


去年の今頃から占星術の勉強を始めて、
ここまでこれた自分がなんだか
不思議であり、面白くもあり、
これからの自分にもわくわくもしています。

ここまで導いてくださった仲間に感謝です。
特に師匠の小泉マーリさんと、だんなさまのジェイさんには
言葉では表現しきれないほどに、深く深く感謝申し上げます。
↑この言葉では表現しきれないってところが、蠍座っぽいよなーと
 自分ツッコミしておきます(笑)

それでは。皆さまどうぞよろしくお願いいたします。

いいものはシンプル。自然農場まほろば。



久しぶりの書きこみです。

自宅の近くに、安心して自然食品を買えるところがないだろうかと思って、
ネットで検索して見つけていたお店「自然農場まほろば」さん。
(お店のブログはこちら→http://2009noufu.blog99.fc2.com/

昨日やっと行ってきました。
このへんの、食に対する行動の遅さは
牡牛座にも2ハウスにも天体がないことが影響してるかも。。。と思いながら(笑)

初めて行ってイキナリ写真はまずいかな、と思って
お店の風景は撮りませんでしたが、
なんていうか、町の商店街のかわいらしい八百屋さん兼雑貨屋さん、という感じでした。

丁度お醤油を切らしていたので、
滋賀県の蔵元、丸中醤油さんのお品をゲット。

醤油1


醤油2

見てくださいよ、この潔いまでのシンプルな原材料を。
シビレマス。
杉樽で三年熟成だそうです。
今晩、シンプルにお豆腐で頂いてみようと思います。


お米も無農薬・無肥料で作られた販売していらっしゃいました。
これについては、また改めて書きたいと思います。

ひたひたキテる気がする。


何がキテる気がするのか。占星術ブームが、です。
表立ってではないと思うのですが、でも、ひたひたキテる気がするのです。

自分がそちらの方にアンテナが向いているから
たまたまそう思うだけかもしれませんが。

著名な方々がSNSや某媒体への出稿記事にて
時代の流れを読むのに実は前から習ってた、とか
重要スケジュールを立てる際の参考にしたい、とか
そういう発言をなさっていて
今までそういうの、みたことなかったような。。。?と思うのです。

MY占星術師匠も、習いにくる人が最近爆発的に増えたと仰っていたらしく。
(人づてに伺ったこともあって、何年前と比べてだったか忘れちゃいましたが。)

そんな中で、わたしは占星術とNLPを組み合わせて
「極力ストレス少なく人と関わっていく、リーダーシップを発揮していく方法を
経営者向けにアドバイスする」
ということをやりたいと思うようになり。

そしたら、既に占星術+NLPでコーチングをなさっている方が
いらっしゃるというような呟きをtwitterで見つけ。

うむむ。もたもたしていられません。

占星術+NLPについては、
もう少し考えが深まったらこのブログで触れていこうと思います。

みそじぃ。ぷらす さん。にした。


このブログをどうしようかと少々悩んでいる。

プロフィールのところに書いてある、自分の可能性の追求は終わったというか、
今後やっていきたいことをはほぼ定まって模索の時期は終わったので、
ここは閉じてしまおうかなと思ったのだけれど。

ちまちまと手は加えてきていたので、それも勿体ない気もし。

ブログの趣旨を変えて、
やりたいこと実現化に向けた思考の場にすればいいかなーとか思ったり。

去年の11月で33歳になったので、タイトルはひとまず変えたw
みぞじぃ。ぷらす さん。の「さん」って、どこぞの芸人を思い出すけれどw
すりーは自分としてはちょっとしっくりこないので、さん。で。

追々、全面的にメンテするやも。

金沢〜地元再発見〜


7/21、22で石川県の内灘と金沢に行ってきました。
1日めは内灘の友人が主催してくださったBBQに参加、
2日めは金沢市内観光。

実家が富山、大学が金沢のわたしにとっては、ほぼ地元なのですが、
ご一緒した姐さまのおかげで、新たな視点で見て回ることができました♪

そのときの写真をスライドにしました。
少しコメントも添えてありますので、雰囲気を感じ取って頂ければ幸いです。


読了☆哺育器の中の大人、キャラ化する/される子どもたち






どちらも心理学的知識を得たくて、
特に、「何故最近、就職活動に失敗する若者が増えているのか」を掴みたくて、読んでみた。
敢えてこの本を選んだわけではなく、色々な流れが重なって手に取った、という感じだけれど。

先に読んだのは「キャラ化〜」のほうだが、
内容は「哺育器〜」のほうが古いので、こちらのレビューを先行させつつ
2冊まとめて書く。

はっきり言って長いし、文字ばっかりなので、
お読みくださる方は、お時間があるときにどうぞw

読了☆数学に感動する頭をつくる


数学は、人生をよりラクに生きるための力を、
数字を通して育むことができる学問かもしれない、と本書を読んで思った。

数学に感動する、面白いと思うために必要な能力として、
筆者は以下のものをあげている。(私なりにやや文書をまとめている。)

・記憶力=小学3年くらいまでの理屈抜きでものを覚える能力。
数の世界に親しみ、感覚をつかむために必要。
・イメージ力=頭の中で全体を見渡す能力。
・発想力=ちょっとしたアイディアを思いつくひらめきのようなもの。
似たような問題を連想する力に支えられている。
・推理力=もしも、なぜならと仮説を立てて検証する能力。
・位置づけ能力=自分の経験を通して理解する、ピンとくる能力。
・洞察力=ある具体的な形の問題の中に違った構造のものが隠れていたり、
別の問題で見た構造が組み合わさっていたりという、奥深い構造を読み取る能力。

記憶力はちょっとおいとて、それ以外の能力は数学ではなくても、
社会に出てから必要なものとして上司から教わったり、
ビジネスhow to本で読んだりしたことの類いではないだろうか。

これらの能力の土台として必要なのが、記憶力だとわたしは思う。
どの能力も、そもそもの定理やルールが分かっていないと=使える知識や過去の経験を
頭の中にいつでも引き出せる状態で持っていないと、発揮できないからだ。

この本は、数学に必要な能力として紹介していたが、
もし、学生の頃に先生から、
「数学ではこういう能力を高めることができてね、
社会に出たらこういう場面で役に立つから、だから今のうちに鍛えておこうね。」
なんて言われていたらどうだっただろう。
もう少し数学と向き合う時間が長くなったんじゃないだろうか(笑)

今の教育の現場に、そんな風に伝えられる先生がいるとは到底思えないのが、悲しいね。

読了☆今日もていねいに。


ほんの少し、気持ちを込めて、
昨日よりもちょっぴり上質な今日を送るためのコツ。
そういったものを教えてくれる、素敵な素敵な文庫本。

カバーもあったかみがある。
手放したくない一冊。

部屋の片付けをしながら、考えたこと。 ( #思考)


部屋の片付けをしながら、考えたこと。

ある種、自己肯定と思ってこれを書くので、
わたしがわたしを肯定する文章を読むのはつまらないと思う人は、
ここで読むのをお止めください。

2ヶ月弱、仕事のひとつとして毎週、経済レポートのまとめをしていた。
各調査会社から発行されるレポートの、経済見通しを世界と日本とに分けて
要点をぎゅっとまとめて箇条書きにしていた感じ。
これを始めたのが丁度10-12月期のGDP速報値が出た直後くらいからだった。

これを最終的にどういう成果に結びつけられるかは、正直自分も手探り状態だったので、
ひとまず重要と思われる点を淡々と書き出しては、自分の所感を簡単に添えて、を繰り返していた。
それでも、新聞等で細切れに読んで点でしか把握できてなかった経済状況が、まとめてレポートを読むことで
大きなつながりをもって見れるようになりだしたという感覚が確かに得られた。
なので、自分の中では有意義な行為だったと思っている。

この感覚を、他者(主には会社の人)にもうまく共有できるアウトプットを作るというところまでは
まだ至っていないので、仕事としては不十分というのは自覚しているし、
他の経済本の内容含め、図なども活用して、俯瞰できるものをこれから作りたいとは思っていた。
GDPの確定値まで大体出そろうと、レポート発行数も落ち着き、
どのレポートを見ても目新しい内容が乏しかったので、ここらがタイミングか、と思って、
そういう風に社内で宣言もしてみた。
そうしたら。

「時間の無駄だからいいよ。」

と、とある人から言われた。
そのときは、あまり気を留めなかったのだが、突っ込んで考えて考えてみると、
レポートのまとめ自体はもう時間の無駄だから、次のステップ(俯瞰できるものをつくる)にいくべきだ、
というのか
そもそも経済状況のまとめ自体、無駄だからもう何もしなくてもいいよ、というのか
分からなくなった。

このまとめは、きっかけはどうあれ、自主的にやると言い出したものだけれど、
最初から、やるよ、とは報告していたので、
今になって無駄という言葉が出てきたことに、むかっ腹が立ってきた。

でも自分に対して、これは確実に言える。
無駄じゃない。
これは既に書いた通りに。絶対に。

社内で活かされなくても全然いい。
自分のやりたいことで活きてくるところがあるかもとも思っているし。

できあがったらここでアップして、
見てくださる方にご意見を伺ってみるのも面白いと思うし。

最後にもう一度、自分へ。
無駄じゃないからね。大丈夫だよ。

読了☆デフレの正体 経済は「人口の波」で動く


藻谷 浩介
角川書店(角川グループパブリッシング)
発売日:2010-06-10

現在のデフレは、生産年齢人口(15~64歳)の減少から
1.需要不足・消費不足が起こり(高齢者は消費<貯蓄であるため)、
2.モノが売れなくなり、
3.企業の収益が落ち、
4.労働者の給料が減り、
5.消費意欲が高いはずの現役世代のその意欲を削ぎ、
1にまた拍車をかけているサイクルで起こっていることなのだ、
ということを
基礎的なデータの提示と、それに対して予想される反論を掲げ
さらにそれに反証を提示して行くという
わかりやすい経済本。

これに対する解決策として
3つの目標と3つの具体策を提示しているが、
この具体策の論の展開が薄いのが残念だった。

特に、その目標のうちのひとつ、
「生産年齢人口が減るペースを少しでも弱めよう」
に対する具体策
「女性就労の促進と女性経営者の増加」には、
女性としてはすんなり「いいね!」とは言えない内容。
女性就労の促進自体はいい。正しいと思う。
だが、それを促すための策として、
退職した男性高齢者が家事に当たればいいと、
さらっと書いて終わっている。

大変なのは、家事ではない。育児だ。
家事もそれなりに時間をくうので、大変は大変なのだが
家のことだけなら、自分の工夫次第であったりするので
仕事との両立はなんとかなる。
でも、これは最近お世話になりだしたある男性も仰っていたことが、
育児は子供の予測不能な動きに対応する必要がある。
危ないことをしないか張り付き状態になる。
いけないことをしたならば、ちゃんと向き合って教える必要がある。
子供とはいえ、心をもった人間だから、
言葉や態度にも気をつける必要がある。

もしそれを、男性高齢者の方々にお願いするとしたら。
大変申し訳ないが、直感的に恐い。
その世代の方々は、
仕事一辺倒、家庭よりも会社を優先してきた方々が多いと思う。
そういう方々にそれができるのか?と思ってしまう。

直感でしかないので、ここは是非、男性の皆さんからの
「そんなことない!」というご意見を頂戴できたら、と思う。

わたしだって、安心して子供を預けて、誰からも文句を言われず、
遅くまでバリバリ仕事ができる環境がほしい。
それが確保できるなら、
もっと前向きに、生産年齢人口増加に貢献することを検討しますよ。

と、建設的ではない意見になってしまった...

やって損なし!ひとり合宿のススメ。(その2: やりたいことリストの作り方&自分の答え)


先の投稿に続きまして。本題です。
わたしのやりたいことって、どうやってまとめたの?
どんなんになったの?というお話。


まず、参考にした記事はこちら。

来年「本当にやりたいこと」を見つけるための4ステップ - @IT自分戦略研究所
http://jibun.atmarkit.co.jp/lcareer01/rensai/fujimi/06/01.html


2010年の年末の記事なので、ちょっと古いですが、
難しすぎず、時間さえちゃんと取れば投げ出さずにできそうと思ったので採用しました。


この記事では大きめの付箋を使ってやっていらっしゃいますが、
わたしは、練習も兼ねて、MindNodeというマインドマップアプリを使いました。

index.png

自宅ではiMac(無料版アプリ)で、ホテルではiPad(850円の有料アプリ)で。
無料と有料アプリ間では、同期をしてくれないので、dropboxを使ってファイル移動させてます。
iPad版は、文字編集時にタップをしてキーボードが出てくるまでにちょっとモタツキ感はあるものの、
マップの整形にあまり気を取らずに済むので、考えることに集中する際にはオススメツールかと思います。


踏んだステップは、参考記事の通りで、

1.「やりたくないこと」を書き出す。
2.「やりたいこと」を書き出す。
3.「思い」と「行動」の一貫性を整理する。
4. テーマを決める。

の4つ。
参考記事には書かれていない、わたしなりの部分を以下に書いていきますね。


1.「やりたくないこと」を書き出す。

これは、ホテルへ行く前にやり切っていきました。
思いつく端から出していっても良いのかもしれませんが、
わたしも、参考記事の筆者さんが仰る通り、考えを広げたかったので
衣/食/住/仕事/勉強/お金/家族/人(家族以外全般)/思考・言動
とカテゴリを決めてから、それぞれ「どうしたくないか、なりたくないか」を出していきました。

小さいですが、イメージだけ掴んでくださいw
詳細を見られてはちとアレなので^^;

やりたくないこと_convert_20120331235018

このカテゴリの中で、もしかしたら、思考・言動がイメージがつきにくいかもしれませんね。
そんな難しいことは書いていなくて、
思いつくとすぐやってしまう、とか、突き詰めない、とかその程度の
自分のここは直したい~と思う思考・行動パターンを書いています。

やって損なし!ひとり合宿のススメ。(その1:ヒルトン成田編)


先週末の24、25日に、ヒルトン成田でひとり合宿をしました。

IMG_0760.jpeg

ひとり合宿?何それ?と思われた方、いらっしゃるかもしれませんが、
最近ひとり時間というものが話題になっていたりしまして。
「ひとり時間で自分を変える!」と日経ウーマンさんもうたっていたりするわけです。
http://www.fujisan.co.jp/product/1926/b/777018/

今までやってきた税理士試験勉強にも色々と疑問が出てきていたので、
3月頃までに一度きちんと自分のやりたいことを見直そう、と
年末年始あたりからずっと
「どこかでじっくり考えたいな~」と思っていました。

そこへfacebook上の企画として、ヒルトン成田さんが、
1部屋1泊5,000円で泊まれちゃいますというキャンペーンを張り出したのが丁度目に留り。
(ちなみに、このキャンペーンの申し込みは2月末でもう締め切られています。残念ながら。)

場所も日常から離れて、がっつり考えるか!と思って決行したわけです。

まずは、ヒルトン成田さんはこんなんでした!というまとめをいたしますね。
わたしが自分のやりたいことをどうやってまとめたかは、次の投稿で。

頑張り過ぎない。


頑張り過ぎない。

2012年の自分のやりたいことに、
これが新たに加わった。

これは、頑張り過ぎないように注意したい、
という意味ではなく、
「過ぎる」部分から自分を解放していいんだ、と気づけたので
それを自分にじんわり定着させていこう、という意味。
注意という意識レベルから、無意識レベルに持っていきたい、と言えばいいだろうか。

そう気づくにいたった思考プロセスは、自分の10代までの家庭内事情に関わるものなので、
今のところつまびらかにするつもりはないけれど、簡単にいうと、
何故自分は頑張り過ぎないようにと言われるんだ?いつからそんな自分だったんだ?
と思いあたる過去に遡りきってから、とにかくWhyを繰り返した。

何故だ。
何故そういう思いをし、何故そういう行動をしたんだ、と。

そうして、今の自分から客観的に過去の自分を見たとき、
そのときの自分がなんとも可哀想になって、思わず泣いてしまった。

自分に、ここがどうも好きではない、それを解決したい、と思うところがあるのであれば、
過去へ遡り切ってのWhyはとてもお勧めかと思う。

ただし、自分が解決したいと思う部分は、自分が嫌いな部分のはずであるから、
やるにはそれなりのパワーがいる。
嫌いな自分とガチで向き合う覚悟が必要。

そこまでしなきゃ解決できないの?という人がいるかもしれないけれど、
問題解決には原因の正しい把握が必要で、
原因を正しく把握できているのかどうかは、頭の中で軽く考えているだけでは、非常に怪しかったりする。
わたしもWhyを繰り返すまでは、
歪めて捉えていた。

まあ、やらなきゃいけない、という話では全くもってないので、
やりたいと思われた方だけ、どうぞ(笑)

読了☆もう、資格だけでは食べていけない (横須賀てるひさ 著)


わたしって、ほんとに士業やりたいの?
という自分への問いの解を出すヒントにならないかと思って
読んだ一冊。

士業も、マーケティングしないと生き残れません、
こういう方法でやれば、成功しますよ、というマケ本。

士業でなくても、ネットを使ってビジネスを構築しようとするときに
参考になる手法がたくさん書かれていたので、
これからネットにも力を入れたいと考えている人なら
どなたが読んでも損はないと思う。

自分へのヒントになりそうなこともあった。
この辺の思考は、時間をまた別に取る予定。

読了☆たった一度の人生を記録しなさい(五藤隆介 著)


Evernoteはこう使えば便利だよ、と単に面白い使い方を説明しているだけかと思いきや。

ライフログは、あなたの人生に気付きと成長をもたらしますよ、
それを楽しく続けるためにこういったアプリをこう使えばいいですよ、
一番便利なのはEvernoteなので、これ説明しちゃいますけどね、
といった感じの本でした。

自分のやりたいことが見つからずに悩んでいる人には、
どうすればそれが見つかるかのヒントが書かれているので
とってもとってもオススメかと。

早く記録を取りたい!と強く思わせられたのはココ。

思い出の品も全部写真に撮って残す。

もちろん、物自体も残すのだけれど、
記録も取る。何故か。
著者曰く、
「替えがたい思い出がそばにあるということは、
自分の人生を丁寧に生きようという意識へとつながります。」

ライフログ、深いですw

読了☆バカの理由


アルボムッレ・スマナサーラ
サンガ
発売日:2011-06-14

自分の会社の社長から回ってきた本。

仏教の考えに基づいた、何故人はバカ(無智)なのか、という話。

宗教は真理を説こうとするから
「これはこうなのだ」という書かれ方をすると、
うーむ(汗)となってしまうけれど、
それでも自分なりに読み取ったことは、以下の通り。

無智は感情を心にぴったり接着させる。
無智の強弱で、怒りや欲といった感情が強いか弱いかが決まる。
無智とは物事について客観的に、冷静に判断できない状態。
無智を防ぐにはどうすればよいか。
それは如理作為(にょりさい、ありのままにデータを丁寧に入れて認識する心の働き)を働かせること。
主観で認識しない。

「自分はあの人にこう思われているかも」とか
「あの人が自分のことをああ言っていたらしい」とかいった類いの話で、
心穏やかではなくなっている人がいるが、
もちろん自分もそのうちのひとりだったりするが、
大方、自分の思い込みで悪い方に捉えていたりする。

つまり、ありのままに物事を捉えていないから
冷静に判断できずに、負の感情が強くなって
心がどんどんそれに捕われてしまう。

それがバカ(無智)ということ。


...めちゃくちゃ自分に思い当たる(苦笑)
そして時々、そういう自分の状態を
「わたしバカよね、おバカさんよね。。。」と思ったりもする。
無智なのかそうでもないのか、さてはて(笑)

Rochester & Buffalo Trip (2011年12月29日~2012年1月4日)


もういっちょ。
年末年始の Rochester & Buffalo Trip♪
これもひとまず、フォトスライドだけ。




下田(2012年12月)


ずっとアップしたいなーと思いながら、今日まで 滞ってしまっていたものを、ようやく。
昨年の末に 行ってきた下田。
会社保有のリゾートマンションに2泊。
解説したいんだけど、ひとまずフォトスライドのみでw





独りごつ。


時々、ふと、あるものをゼロに戻したくなる。
無かったことにしたくなる。
壊したくなる。
そんなこと、やったらやったで、すごく寂しくなるくせに。

30過ぎても、こんな風に心の隙間がふとできる。
どうしたものか。。。

フォントには人格がある。 大切なものの周りには、スペースがある。(読了☆売れるデザインのしくみ)



新書の「デザインセンスを身につける」を先に読んでからの、本書読了。
先週のうちに読み終わっていたが、またもやようやくのレビュー。

本書の方が古いが、新書でデザインの考え方を理解したあと、
こちらで具体的な方法を知るという感じで読み進められたので、
私にとっては適した順番だったと思う。

特に、フォントとホワイトスペース。

フォントには人格がある。
大切なものの周りには、必ずスペースがある。

という言葉に、いかに今までの自分の使い方が
曖昧なものだったのかということに気付かされた。

本書を教科書としてに手元に置きながら、
なんとなく選ぶ・配置する、から、
何故それを選ぶのか・何故そこに置くのかを
自分の中で理由付けするようにしていき、
自分らしさを明確にする、というところにつなげていきたい。

・・・そうなると、自分らしさって何?という
根本問題にぶち当たるんだけどね。
これはこれでまた考えていかないと(笑)

コレ訳してみた!→”10 Ways to HookInto & Onto Facebook.”


会社の方からのお願いを受けて、

10 Ways Your Startup Can Hook Into Facebook, Part I

10 Ways to Leverage Facebook for Startups: Part II

に掲載されているパワポ資料を訳してみました。
マーケティングプラットフォームとしてのFacebookを通じて
どうやって顧客と結びついていくかについて触れられています。

せっかくなので、その訳をここに載せてみようかと。
ただ、ご覧になる方は、以下のことをご了承頂いた上でお読みくださいませ。

・Facebookページに親しみがある方向けの資料になっています。
・理解しやすいようにある程度、意訳しています。
・訳に自信がないところはまだ赤字になっています。
・原文からデータを落として日本語に書き換えているので、一部体裁が崩れています
(3点目と4点目は、時間があるときに直せるところは直していこうと思います。)







ざっくりとした訳でいいよ、とは言われていたものの、
プレゼンで説明されることを前提として書かれているためか、
そもそもの書かれ方がざっくりとしていて
言外の意味を掴むのに、なかなか骨が折れましたw

使われている単語は、さほど難しくはないのですが
直訳すると読み手が理解ができないものになってしまうのです。
その分野での使われ方とか、その用語の意味も調べるのに、
かーなり、ぐーぐる先生にお世話になりましたw

それでも、プロの翻訳家ではないので、間違ってるところがあるかもしれません。
もしあれば、ご指摘頂けたら助かります。勉強になりますんで。


もしこれが、どなたかのお役に立つようであれば・・・
嬉しいなぁ・・・(〃∇〃人)

久しぶりのパーマである。


IMG_0434.jpg

一昨年末から、なんとなく避けていたパーマでしたが。
ちょいと ふわん とさせてみますかと思ってかけてみました。
ふふ。ふわんふわん♬

あー、やることあるのに、こんなことに時間を使ってしまったw

今頃ようやくですが(笑)2011年の振り返り&2012年にやりたいこと


年末年始に旅行に行っていたせいもあって、
2011年の振り返りと2012年にやりたいことのアウトプットができずに
もたもたもた、としておりましたが(笑)

ようやく書きますよっと。

ではまずは、2011年の振り返り。

コレできた!というものは以下の通りかなと。
・座右の銘が作れた。
・税理士試験で、自分を追い込めた。
・Danceに自信がついた。
・Soul musicの収集ができた。
・ダーツを始めた。
・10年ぶりにBUFFALOへ行くにあたって、
 その10年でできたことを振り返ることができた。

座右の銘が作れたのは、自分の中でなかなか大きかったです。
これのおかげで、年後半はポジティブな流れを作れたかな、と。
この座右の銘については、Facebookのノートにまとめていたので、
詳細はそのページに譲ることにします^^ http://ow.ly/8C14N
その他のことは、詳しくは書きませんが、ご興味あればご質問くださいませw

逆に、できなかったことはこれかなー。
・10年の振り返りから、この先の10年をどうするか、を導き出したかったが、それがまだ見えず。
・仕事としてやりたいことが、またぼやけてきた。
・税理士試験、簿記論と消費税法を受験したが不合格。あと一息だった。

この3つは、相互に絡み合ってる感じですね。
税理士資格を取ってやってみたいと思うことはあったのですが、
ここが今、ぐらついています。
会計分野で本当に自分は身を立てていきたいのか?というところから考え直す必要があると
思っていて、それは3月いっぱいぐらいまでに、何かしらの方向性は出したいなと思っています。

で、2012年にやりたいこと!
・この先の10年、どうしたいか固める(さっき書いた通りね)
・今あるスキルをもっと磨く:電卓、フォトリーディング、TOEICのSWなど
・仕事での新たなミッションを楽しくこなす。
・知識を深める:読書(移動中の時間を有効に!)、聖書を読んでクリスチャンの考え方を理解、デザイン。
・情報蓄積の方法を確立する(evernoteに戻る?)。
・好きなものを追求、深堀する:genten、Soul music、Dance、珈琲、カフェめぐり、
 Google+にメモしたWantsの実行、iPad・iMacの活用。

意味不明なものもあると思いますけど、
こなしていったら、またここで報告していくと思いますので、
それぞれの詳細説明は今は割愛させてください。
てか、全部書いてたら、いつまで経っても書き終わらないw

他にも、自分の意識に常に留めておきたい事とか言葉なんかも
まとめてたりするのですが、いっこだけ紹介するとすれば、
この先10年、やってはいけない、というか、注意しなければいけないと思っていること。
それは、感謝の気持ちを忘れてはいけないということです。

インターネットが身近にあって、SNSで人とつながることが当たり前になって、という中で
お付き合いが深くなっていくかと思いきや、あまりに簡単にコンタクトが取れてしまうが故に
どこかで軽んじてしまっている自分がいないだろうか、とヒヤリとするときが時々あるのです、最近。
「ありがとう」を言い忘れていたり、自分を気にかけてくれている人のメールを後回しにしてしまったり。
何となく、人付き合いが雑になってきてしまっていないか?と思うのです。
そこが雑になっている、ということは、根底には感謝の気持ちが薄れているからなのではと。
人が自分に対してやってくださることを、当たり前と思っているのではないかと。

自分の言動は自分に跳ね返ってくると思っているので、
でもって、自分が人からつまらない扱いをされたりするのは嫌なのでw
ここはね、大事にしていきたいと思います。
(自分の信条と相容れない人に対しては、大人のスルーで参りますけどねw)


こんな時間に書いてると、ちゃんと文章としてまとまっているだろうか^^;とちょっと心配になったりw
また書き改めるかもしれませんが、ひとまずこの辺で^^

読了☆デザインセンスを身につける


ウジ トモコ
ソフトバンククリエイティブ
発売日:2011-09-20

デザインについてど素人の私にとって、この本は、
デザインの基本ルールが分かりやすく書かれていたことだけでも
読んでよかったと思えるものだったが、
最もよかったのは、
第四章「デザインでブランドを育てる」において、
デザインマーケティングという考え方を知れたこと。

すでにできあがっている物を売るため、
宣伝のためのデザインではなく、
マーケティングのためのデザインをすべきだと。

企業の考え、価値観を表現し、ブランドを醸成し、
顧客=ファンを作って、商品を”買いたい”と思ってもらう、
(いかに売るかという売り手目線ではなく)
そういう役割を果たすデザインを考えるべきだと。

利益に直結しているように感じられないせいか、
自分の会社でも大事にされている考え方とはまだ
言いがたいと思う。

けれど、今後何か事を進めるにあたっては、
これは強く意識していきたい考え方であるし、
また、いろんな場面で自分の行動に
自信を持たせてくれるものになるんじゃないかと思う。

読了☆宮部みゆき著「火車」


宮部 みゆき
新潮社
発売日:1998-01

失踪した女性の情報が少しずつ少しずつ集めてられいく過程で、
人間のちょっとした欲や見栄が
いつでもこういった不幸を起こしうるんだよと
じわりじわりと戒められているような感じがした。
細かな心理描写が、そのじわり感を深いものにしていると思う。

締めくくり方がまた何とも...
是非続編を出してくれと思わざるを得ない。

読了☆模倣犯


1~5巻、ようやく読み終わりました。
平均すると1ヶ月に1冊のペースだったけれど、3巻からはどどどっと勢いよく読めました。

人間の心の強さ、脆さ、残酷さ、優しさ、それらが全部混ざったような
一言では言い表せないもの…
そういったものをとても的確な言葉で表現していると思う。
ミステリーでここまで人の心のあやを織り込んだものを読んだのは初めてかも。

5巻の最後の最後、締めくくり方がちょーっと物足りない感があったけれど、
総合的には大満足な作品。

年末年始のテレビの特別番組にうんざりしているアナタに
お勧めいたしますw

髪。


切ってもらっている最中は、
「あああぁぁぁ、しっぱいかも・・・(-_-;)」
と思っていたけれど、仕上がってみれば、
ま、いっかとなった今回のカット。

髪切ると、気分変わるよね。
というか、気分変えるために、髪を切ることが多いわたし。

だから伸ばせないのか?(笑)

いんですよ、踊るのにじゃまにならないから。
ニヤリ。

  
   me20111201.jpg


プロフィール

masako

Author:masako
富山県産。東京都在住。

占星術の師匠曰く、2013~15年に
人生の転機が訪れるらしい。
自分で転機を起こすべく邁進中。

▽座右の銘▽
「自分の存在が生み出す差がポジティブであれ。」
▽30代のテーマ▽
「丁寧に創り丁寧に積み重ねる。」
「DON’T BE ALL TALK.」

やりたいことが
ほぼ定まってきたところで
2013年がスタート。
今年はここのスペースで、
その実現化のあゆみを
書いていこうと思う。
前へ進んでいれば、
投稿も自然と多くなるはず。
進行度のバロメーターとして、
ときたまチェックして
やってくださいましw


★さらに詳しいプロフィールは、こちらのエントリーをご参照あれ。
(2013/1/19メンテ☆)
http://masakosamasan.blog74.fc2.com/blog-entry-36.html

広告
つぶやく?つぶやく!
facebook
Buffalo & DANCE & Business つながり☆
Soul Step☆
最近ハマったsoul step♪勉強合間の軽い運動も兼ねて、レッスン通っちゃいます☆ mixiは友人までの公開です。マイミク申請&承認は、基本disco関係で知り合った方のみとしております。ご了承ください☆ (閲覧にはmixiへのログインが必要です)
徒然な写真たち♪
iPhoneでとってinstagramアプリにアップしてきた写真たちのまとめです☆Webstagramにリンクしています。
読んだ・読みたい・読まねば!な本
読みたい本ばかりが溜まっていく~ (苦笑)
検索フォーム
ブロとも申請フォーム
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。